国際ソロプチミストとは

HOME > 国際ソロプチミストとは > 日本中央リジョン > 歴史

日本中央リジョン

日本中央リジョンの歴史

1921年 国際ソロプチミストがカリフォルニア州のオークランドにヴァイオレット・リチャードソン女史などの努力で、創立された。
1960年 日本初のソロプチミストクラブが東京に誕生した(SI東京)。
1964年 日本で3番目のクラブが京都に創立,発会され、千嘉代子初代会長となる(SI京都)。日本のソロプチミストの夜明けとなる。
1976年 千嘉代子ファウンダーガバナーの力強い推進力により、日本でクラブ数が55に達した時、ボストンの連盟大会で、アメリカ連盟の日本リジョンとして認証され、ボストンの連盟大会で晴れの旗手を務められた。
1979年 日本リジョンは、千嘉代子ファウンダーガバナーの奉仕の志により、ソロプチミスト日本財団を設立した。
1986年 日本リジョンは、日本北、日本東、日本中央、日本西、日本南の5リジョンに分割され、日本中央リジョンは、日本の中央部分の2府12県をその区域とし、中央リジョンとしてスタートした。
1990年 アジアで、日本で初めての国際ソロプチミストアメリカ隔年連盟大会が京都で開催された。
1990年 日本中央リジョンは第Ⅰ地区 第Ⅱ地区 第Ⅲ地区と3地区制を制定した。
2000年 会員数の増加を機に、日本中央リジョンは、A地区からE地区の5地区制を制定した。
2006年 中央リジョンは20周年を迎えた。
2010年 現在の組織・地区制を再検討し、9月1日をもって日本中央リジョンは第Ⅰ地区 第Ⅱ地区 第Ⅲ地区と3地区制を制定する。
2016年 中央リジョンは30周年を迎えた。
1976年 千嘉代子ファウンダ―ガバナー ボストン連盟大会にて旗手を務める
1986年 日本中央リジョン初代ガバナー熊谷栄美子、初代ガバナーボールに輝く
1990年 日本(京都)で初めて開催された第31回国際ソロプチミストアメリカ隔年連盟大会に喜びのソロプチミスト
1990年7月11日~15日  第31回国際ソロプチミストアメリカ隔年連盟大会が、日本で初めて開かれた
1990年7月11日~15日 第31回国際ソロプチミストアメリカ隔年連盟大会にて大会会長を務めた故 千登三子会員
写真をクリックすると、写真が拡大表示されます。
このページの先頭へ