◆仕掛け絵本を子どもたちへ

 「チャリティ講演会&バザー」を2月末に開催、その収益金を今期のクラブテーマ『子どもたちと子育てママのために』に沿って、女性や子どもたちの支援、能登半島への地震災害救援金などに役立たせる事としました。その一環として『仕掛け絵本』約60冊を海南市の「海南ノビノス」の図書館に寄贈しました。
 贈呈式は6月12日に行われ、海南市教育長様より感謝状を頂きました。
 「海南ノビノス」は市民の要望にて建てられた市民交流施設で、毎月、市の人口と同じ位の5~6万人が訪れ、施設内の図書館も子どもたちから大人まで多くの方が利用しています。
 認証30周年にあたる2022年にも大型絵本を同図書館に50冊寄贈しており、小さい子どもたちにも人気だと聞いています。
 今回の『仕掛け絵本』の寄贈により、赤ちゃんから大人まで、楽しく本に触れて笑顔になる事を願っております。