国際ソロプチミスト小松

SI小松は日本で151番目に認証され、2021年度38周年目を迎えます。基本姿勢は ①青少年健全育成 ②女性意識の向上 ③地域へ奉仕 ④良い文化を地元に!です。会員数14名。少人数ではありますが会員一丸となり能美市・小松市の恵まれた自然や文化を活用しながら奉仕活動を行っています。
<継続事業>
  特別擁護老人ホーム自生園奉仕事業
  WYSH教育プロジェクト(心の教育・クラブユースフォーラム)
  木場潟公園(ソロプチミストの杜)
  チベット難民子ども里親支援
  福島キッズ「絆」プロジェクト
  アリス学園日本語学校への冬物衣服、食料支援

2021年期 会長テーマ ~感謝~
新型コロナウイルス感染症も、早や2年も過ぎ、現在も収束するどころか地域によっては蔓延防止延長が続く予断が許さない状況が続いていますが、前年度同様奉仕活動が出来る事に『感謝』の気持ちを持ちながら、「さらなる魅力ある組織へ」・「小さな一歩に誇りをもって」を心に留め、会員一同、力を合わせて地域に密着した奉仕活動に努めて参りたいと思っております。

1984年11月 7日 SI金沢のスポンサーにより、SI加賀小松として認証
1986年 4月 1日 発展・拡張の為、2分割、国際ソロプチミスト小松と改名
2000年 1月24日 石川県立小松高校吹奏楽部Sクラブ認証
(認証15年記念)